集客できる

フリーランスの管理栄養士として独立した清水さんと対談してきました【食品業界独立編】

WRITER
 
フリーランスの管理栄養士として独立した清水さんと対談してきました【食品業界独立編】 アイキャッチ
この記事を書いている人 - WRITER -

どうも。「オウンドメディア集客部」の運営者、 dai です。

売上が安定しない個人事業主様・法人様にブログ・ウェビナー・LINEなどを使ってWEB集客支援を行っています。

 

今回は、管理栄養士の清水さんと食品業界出身の独立の事情について対談形式でまとめてみました。「独立した管理栄養士を知ってみたい。」「医療機関勤務の管理栄養士がフリーランスに至ったきっかけを知りたい。」という方向けになります。

 

同じ食品業界出身ともあり、お話ししてすごく楽しかったです^^よかったらご覧ください。

 

コラボ対談者(登場人物)

個人事業主様・法人様にブログ・ウェビナー・LINEを使ってWEB集客の支援をしているウェビナー講師。食べることが生き甲斐で、リーマン時代、加工食品を作ってました。ホームページはこちら

dai

女子栄養大学栄養学部卒の管理栄養士。医療機関に勤務し、急性期から在宅医療まで、幅広いライフステージの栄養管理を経験し独立。サービス提供の場を医療機関 から一般の方々へ拡大し、栄養サポートの充実を図っている。HP講座はこちら。

清水

『フリーランスの管理栄養士として独立』の対談内容

『フリーランスの管理栄養士として独立』を対談形式で記事にまとめてみました。

 

「食」を通じて培ってきた豊富なキャリア

今回は、フリーランスの管理栄養士として独立というテーマで、清水さんをお招きしております。早速、簡単な自己紹介をお願いします。

dai

管理栄養士をしております、清水と申します。今年で管理栄養士を始めて23年目になります。20年近く病院で働いて、2019年7月にフリーランスとして独立しました。

清水

20年以上も現場で働かれてから独立されたということで、すごいですね。
現在はどんなお仕事をされているんでしょうか。

dai

独立前、業務のほとんどが病院内の患者さんの栄養管理でした。現在は院内に関わらず、様々な方にサポートしていく機会が増えてきています。

清水

今までの顧客層とは変わってきているので、営業もご自身でやられてるんですよね?

dai

そうですね。
今までは病院内にいれば患者さんが自動的にいるという状況でしたが、今は自分から食事や栄養に関心がある方にアプローチしています。どうやって接点を作っていくか模索中です。

清水

僕自身も、そういう部分で共通点を感じますね。
独立前は、業務用の食品を扱う営業マンで学校関係や食品メーカーなどに対してアプローチしていました。清水さんのような管理栄養士の方とお話しすることもありました。

dai

あら、そうだったんですね!

清水

はい。なので、お客さんを探す大変さや地道さはよく分かりますww 独立してからも営業の要素が多いなと感じてます。

dai

そうですよね。独立したら自分で営業していかないといけないですよね。

清水

多くの方への栄養サポートのために私がしたこと

幅広い経験をお持ちですが、どういうキッカケで独立なさったんですか?

dai

キッカケはですね…。
病院内には様々な患者さんがいらっしゃるんですが、すべての方を私たちが管理できるわけではないんです。なぜかというと、院内だと管理栄養士はドクターの指示がないと動けないんですよ。

清水

なるほど。そういう縛りがあるのですね。

dai

はい。緩くなってきている部分もあるのですが、管理栄養士が扱える病気が限られているんです。そのため、対象にできる方がかなり狭くなります。

清水

そうなんですね。もどかしいですね。

dai

世の中には病気の予防段階の方や食に興味のある方がたくさんいるはず。管理栄養士のスキルを必要としている人たちに、今よりもっと生かしていきたいという想いがあったんです。
とはいえ、院内の患者さんの管理の大切さも知っているので、両方の方を手助けできるようになりたい、という思いで独立しました。

清水

ご自身の業務を広げるために独立なさったんですね。

dai

そうです。今までよりも範囲を広げて、病院内の患者さんと一般の方を対象に活動しています。

清水

実はコロナのおかげで〇〇が広がりました

辻本さんはいつ独立されたんですか?

清水

2020年4月に独立したので、現在2年目です。清水さんの方が先輩ですねwww
僕の場合は独立に際してコロナがすごく影響しました。

dai

時期的には1回目の緊急事態宣言のころですね…!

清水

そうなんですww
元々は、「食彩life」に来ていただいた方に対してWeb集客支援をメインに考えていました。当初は食品業界に絞って活動しようとしていたんです。ですが、方向性を変えないとコロナ禍に対応できないと考え、業界を絞るのをやめましたww

dai

ええー!すごい決断ですが、範囲がだいぶ広がりましたね…!

清水

コロナウィルスの状況と業界の性質を考えたときに、食品業界はIT業界に比べると、変化に対応しづらい印象がありました。守りに入る印象ですね。その上、外食業界にいたっては営業しに行ける状況ではないですし。だったら食品業界に絞るのは一旦やめよう、と。
いずれコロナ以前の状態に戻るとは思うんですが、ひとまずこの計画で行こうと決めました。

dai

そうだったんですね。「対象範囲を広げた」という点は「食品関係」に続く共通点ですねww

清水

そうですね。ただ、僕の場合は広げざるを得なかった感じですがww

清水さんはどうでしたか?

dai

独立から半年くらいは、福祉施設などに出向いて営業しにいくことができました。保険絡みではないサービスもできますよ、と案内していきました。ようやく事業が進み始めてきた矢先にコロナ、というような感じでした。なので方法を変えざるを得なくなりましたね…。

清水

特に福祉・病院関係は、外部からの出入りに厳しいですからね。すごくよく分かります(汗)

dai

外食関係も同じですが、福祉・病院関係も営業に行ける状況ではなくなってしまったので、オンラインでの活動を新たに始めました。当初の計画ではずっと扱ってきた医療保険や介護保険などの保険関係から広げていこうと考えていましたが、コロナの影響で個人のお客様への対応が先になってきましたね。

清水

そうだったんですね。
臨機応変といいますか、機動力がすごくありますよね。

dai

ありがとうございますww
いやぁ、オンラインの凄さを感じますね。当初は自分の足で行ける範囲を考えていましたが、オンラインでは100%県外の方なのでww

清水

そうなんですね。県内の方はいらっしゃらないんですねww

dai

はい。あとは海外の方からもアクセスがあるんです!今まで何のつながりもなかった方とパッとつながれる感覚がとても新鮮です。オンラインありがとう、と感謝していますww

清水

僕も全く同じ感覚です。
急激なオンラインの普及によって、国内外のお客さんと繋がれます。今までのやり方では出会えなかったお客様と出会えるので、商圏がすごく広がりましたね。こうして清水さんとのご縁もできましたし!

dai

そうですね^^

清水

今後、お客様の悩みに最大限コミットするために…

それでは、今後はどのように活動を進めていきたいかというビジョンはありますか?

dai

現在ではまだ病院絡みのお仕事が半分以上なんですが、ゆくゆくはそこ以外のお客様をもっとサポートしていきたいです。

清水

まだまだ活動の幅を拡大していきたいということなんですね。

dai

そうですね。
先日お客様から「もっとこういうサービスがたくさんあったらいいのに!」と言っていただいたんです。その方は病院にかかって食事療法の必要性を感じたみたいです。ですが管理栄養士に近くにおらず、相談できずに困っていました。たまたまネットで検索して私を見つけてくれたんですね。

清水

なるほど。実際、食事や栄養面で悩んでいる方はもっといらっしゃると思いますね。

dai

そうですよね。そのリアルな声を聴いて、私の取り組みを求めている方はたくさんいるはずだと感じました。
そういった方たちとマッチする機会を作って、もっと相談にのっていきたいと思っているところですね。フリーランスの機動力を活用して病院外でも困っている方たちをサポートしていきたいです。

清水

保険のお仕事も個人の方とのつながりも、どんどん連鎖していきそうですね。
僕自身も当初は一つの業界を視野に入れていましたが、今ではどんどん他の業界にご縁がつながっていってます。現在、美容業界や医療業界のWeb支援も多くて^^

dai

医療の分野も支援されているんですね!

清水

はい。たくさんの業界の方に頼って頂けるのは、本当にありがたい限りです。求められることに対してしっかり価値提供できるのが良い関係だと思い、真摯に取り組んでいます。

dai

良いですね。実際、食品業界よりも他業界のお仕事の方が多いんですか?

清水

意外にもそうなんですよ。もちろん食品関係のお仕事もありますが。

dai

でも、関わっている業界ことにも詳しくなっていかないといけませんよね。

清水

そうですね。ある程度知識がないと担当者と話ができないので、勉強しながらやってます。なので、今まで全く知らなかった美容ケアについても勉強しましたねww

dai

そうだったんですねw すごいです^^
専門用語も知っていないとついていけないですよね。美容ケアに必要な用品・手順までメモして勉強なさってるんですね。

清水

はい。全く知らなかった業界ですが、そういったことも勉強したり、担当者に教えていただきながらお仕事をさせて頂いている感じですね。

dai

本当に幅広い分野で活躍されてるんですね。

清水

いえいえ。たまままご縁があって、こういう機会にも恵まれたなと感じています。清水さんとも対談の中でも共通点がいくつか見つかりましたね。本日はありがとうございました。

dai

こちらこそありがとうございます。

清水

清水さんの取り組みはすごく希望があると思いますので、これからもご自身のペースで取り組んでいってくださいませ。僕も頑張ります。

dai

そういっていただけて嬉しいです。本日はありがとうございました!

清水

最後に

今回は、管理栄養士の清水さんと「フリーランスの管理栄養士として独立」について対談形式でまとめてみました。

 

清水さんご自身の可能性を広げるための行動力、柔軟な機動力がすごく参考になりました。対談して頂きありがとうございました。

 

 

ウェビナー集客を始めたい人向けのメール講座(無料)はこちら

わずか1年間で300回以上のウェビナーを行いました。自主開催だけでなく、法人様・団体様にもウェビナーを提供させていただきました。パナソニック様や経営者向けにウェビナーを提供させていただきました。ウェビナーについて、正しい方向で正しい場所で適切な努力をしたい方は、このメール講座がおすすめです。

【メルマガ特典】ウェビナー集客したい人が陥る3つの壁を超える方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© オウンドメディア集客部 , 2021 All Rights Reserved.